沖縄石垣島での過ごし方

国内ダイビングエリア1位を獲得した石垣島の海の魅力

沖縄本島よりもリピーター率が高いとも言われている沖縄の石垣島。その秘密は南国の離島ならではの、世界一美しいとも言われるコバルトブルーの海と、ゆっくり時間が流れるのどかな風景、島人の人柄にあります。
特に川平湾は世界有数の透明度を誇り、白い砂浜と豊かなサンゴ礁が広がっています。沖合にはマンタスクランブルと呼ばれるマンタの密集地帯があり、ダイビングのメッカとしても知られています。
さらに石垣島から小浜島方面に30分程度船を走らせると、幻の島と呼ばれる砂浜だけでできた島に上陸する事ができます。満潮時は沈んでしまうその島は、360度が海で囲まれており、最高の開放感を味わえます。他にも青の洞窟を始め、数々のダイビング・シュノーケリングスポットが点在しています。

石垣港を拠点とする離島巡りも外せません!

石垣島のもう一つの魅力は離島めぐりです。昔ながらの沖縄の町並みが残る武富島、マングローブのジャングルクルーズが人気の西表島、三線を聴きながら水牛に乗って浅瀬を渡る由布島、日本最南端の有人の島・波照間島など、島一つ一つに個性があります。フェリーに乗って、それらをゆっくり時間をかけて、島の違いを満喫するのが石垣島を始めとする八重山諸島の代表的な過ごし方です。
各島は徒歩で回れるくらい小さい島から、車の移動がないと回れ切れない島まで様々です。慣れていない方が離島巡りをするためには、現地のオプショナルツアーを利用する事をお勧めします。ツアーであれば、行く先々の島でバスが用意されているため、代表的な観光スポットを一通り回る事ができます。島巡りツアーは時間のない人のために1日3島回るツアーもあり便利です。その分、島1つ1つの魅力的な名所が削られているので、スケジュールはしっかり確認しておきましょう。